今頃になってから気づいたけど

躁と鬱の間をふらふらしながら、音楽聴いたり読書したりアニメ見たり。

ヨガ体験

ヨガしてきました。
地元の知り合いの方がやっているというので、
そこに友達の主婦(ホントは母の友達だけど母より仲が良い…)と2人で。
行き慣れた公民館、見慣れた顔、ということで緊張は全くありません。

ヨガをするといってもポーズを取る、ようなことはなく
瞑想に近いようなものをやりました。気持ちよかった。
楽な姿勢で、楽な呼吸で、身体が楽な環境で、体の一部分ずつに意識をおいて
「いつも動いてるんだな~」と考える、というものを結構長くやりました。

左足全体が痺れ始めて三年目かな?力を抜いて意識を向けると
何かしびれる必要性があってそうなっている、体の声なんだ、という
その人の言葉が理解できたような気がしました。

普段、ゆっくり時間を取って、自分の体の内側に意識を集中させて、
どんな状態なのかを考える、ということは全くしないので
そういう時間を取るだけでも違うんだろうなぁと思った。

つま先まで緩めてから、鼻先から動かしていきます。
指、手首、足首、と筋肉が動いていくのが意識で判るのもレア体験。
やはり左は右に比べて3倍位動きが鈍く遅く、何かあるのは明白。

そのあとは腕を動かし、足を動かし、胸襟を開き、下半身を締めて、終わり。
身体のパーツがきちんと整った形での姿勢ってとても楽なんだよね。
ダラーっとするのは楽に見えて変なところの筋肉が疲れる。

「私達は機械ではないので病院に行ってもパーツを変えて治る、ということはありません。
 どんなに症状を話しても、医者はあなたのすべてが判るわけではありません。
 あなたの状態を把握して、治せるのは、あなた自身だけです」

って言われた。

切ったばかりの右腕に、心でごめんなさいしたよ。
自分の体は大切にしないといけないね。


ストレッチやポーズなんかじゃなくてヨガは精神的な方面ですごく安らげたので
これからもやっていきたいなーと思った!

見知った顔ばかり、っていうのも抵抗がなくてよかった。


そしてこんなに体が整ったのに、大規模アプデ終了後のネトゲに備えて帰宅したよ…。

広告を非表示にする