読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今頃になってから気づいたけど

躁と鬱の間をふらふらしながら、音楽聴いたり読書したりアニメ見たり。

ナイトミュージアム

ナイト ミュージアム [DVD]
録画しておいた映画、ナイトミュージアムを鑑賞。
歴史好きで博物館好きなので公開時から気になっていたもの。

で、見ていたわけなんだけども。
最初の展開に心臓がバクバクして泣きそうになった。
昔から共鳴性?が高いというか、展開として絶体絶命になると
同調してパニック気味になってしまう。
アニメはわりに平気なんだけどね…

パニックといっても、鍵を閉めないとライオンに食われると言われ
行ったら猿に鍵を取られて…という
そこまで?パニック?程度の話ではある。自覚もある。
けども、自分がその立場に置かれたら…と考えるとキツイ。
昔でキツかったので過呼吸が癖になる今の状態での鑑賞は
さらにキツかった。泣きそうだった。

単純に不便。

最後はアメリカ映画らしく爽快に救われたのでよかったけど
ホラー映画は絶対に見られない…今でもたまに夢に出てくる。

そういえば昼間イングレス散歩に行って1時間半ほど歩いた。
帰宅後うたた寝したら、川に沈んだ女子高生をはっきり見るという夢。
制服の胸の赤いリボンが目に焼き付いて過呼吸になるという展開。
起きてしばらくキツかった。
散歩中に部活帰りの学生をたくさん見たのが要因かな?

単純に不便…

フィクションでもこんな風になるので、
現実世界で起きた災害や事故なんかのニュース映像は見られない。
だいたいが救いのない終わりだし、ヒーローも出てこないからね。
我が家がアニメしか見ないのはそんな理由もある。

映画は面白かった。
最後のシーンは世界平和を祈っているようだったなぁ。

感受性が繊細なのかもしれないけど、多少鈍感でいないと
現実を生きるにはキツイことが多いよ。
いわゆる【アーティスト】として生きられるならそれでいいのかもしれないけど
世の中には強いられても偉大になれない人もいるから…

広告を非表示にする