読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今頃になってから気づいたけど

躁と鬱の間をふらふらしながら、音楽聴いたり読書したりアニメ見たり。

風邪

引いた。

こどものころ

父が外で飲んでいて常に不在だった我が家は
母のテンションと機嫌が全てを支配してた。
母が寝ればリビングはそれまでの夕ご飯の賑やかさが嘘みたいになり
その差にゾッとした。

そんな母はよく胃をやられて寝込んだ。
そうすると、一日中家の中が【夕ご飯の後】のようになる。
小学生だった四人いる兄弟が、
バラバラに部屋に行き、一人で過ごす。

暗い空気が嫌い

そんな空気を肌で感じて育ったから?
私は体に無理が来ると喜んで動かす性質がある。
ドエムではない。多分。
精神的に無理な時は他人は目に入らず堕ちるけど
風邪やらなんやら、身体だけが悲鳴をあげてるときは
いつもより笑っていつもより動こうとする。
なぜか誰も止めない。

昨日は精神科に通院でした。
カウンセラーさんに
「風邪のときは休むでしょう。家事も休みがあっていいんです」
と言われた翌日に、風邪とは。

下痢と吐き気と頭痛と微熱と…鬱か。
なんで生きてんのか笑えるレベルだ。

広告を非表示にする