今頃になってから気づいたけど

躁と鬱の間をふらふらしながら、音楽聴いたり読書したりアニメ見たり。

鍼へ

起床して、頭痛と戦うも下半身はまだマトモになった。
様子見で鍼に向かおうと思ったら、
「三時まで飲んで帰宅してさっき起きた〜〜」
という父が鍼まで付き合ってくれるというので
父には全力で甘える私は着替えて(完全防寒仕様)
電話して遅れる旨を伝え電車を調べ
父と合流して鍼へ向かいました。

よく、酔って横転して怪我してる父と
頭痛と昨日の痛みでふらふらの私。
危ない組み合わせすぎる。

合流してから話していて、てっきり
出社のついでに付き合ってくれるんだと思ってたら
「二日酔いだから休む!」
定年過ぎたとはいえ自由。
というわけでまさかの巣鴨まで付き添ってもらい
終わった後寿司を食べて帰ったのでした。

もう桜が蕾でピンク色だった。週末には咲くのかな。
先生が繰り返し言うこと
「外に出て陽を浴びて、
季節が変わってると体に教えないといけない」
そうでないと変化についていけない、らしい。

昔この辺りに会社の先輩が〜〜と話す父を見ていると
8社?9社?以上転職してきたこの人の凄さを感じました。
保険証がしょっちゅう変わる家だった…。
しかもその転職先、全部飲み屋で知り合った人の紹介だから
転職活動なんてしたことないという。

父と解散してから(鍼の後はいつも)だるい体引きずり出かけてみたけど
歩くのも一苦労なので諦めて帰宅してソッコー寝る。
そして起きる。
また夜寝れない…。

広告を非表示にする