読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今頃になってから気づいたけど

躁と鬱の間をふらふらしながら、音楽聴いたり読書したりアニメ見たり。

師匠の名言

劇場のことはさておき。

劇場経由で知り合った師匠(身内では長老)に、
私が企画で苦しんでるときに言われた言葉があります。

なぜ?を七回繰り返す。

なぜやりたいの?→(大義名分)
そう思うのはなぜ?
なぜ?
なぜ?
なぜ?
なぜ?
なぜ?

七回問うことで本当のことがわかる、と言われました。

言われてから随分経ったけど、本当に何でもない場面で
この言葉を思い出します。

式でドレス着るか否か決めるときですら。

たくさんのお金がかかる一瞬の自己満足に、なぜ着るの?
なぜ?を七回自問自答しました。
着ることへ納得してなかったから。

見えた答えは
「大好きな父と、社会的に一番綺麗と言われる格好で
二人で歩くのは実の娘の特権だから」

15くらい?年上の長老のお言葉。
私をとても愛してくれていて、かつ厳しく成長を見守ってくれています。
こんな人に出会えたことが幸せであると確実に思える。

そんな出会いを何人ともしているから、
きっと私は人に恵まれているんだろう、という自信はあるよ。

広告を非表示にする