読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今頃になってから気づいたけど

躁と鬱の間をふらふらしながら、音楽聴いたり読書したりアニメ見たり。

ブログの扱いと好きなもの

ブログは2004年位からやっているのですが、「コンテンツ」だと思っているので一日に複数記事を投稿します。簡易ホームページのような扱い。もちろんくだらない日記も多いんですが。なので、新着表示が面倒なことになるかもしれませんが、よろしくお願いします。

そんなことだけの記事はそれこそ中身が無いので何を書こうかな…と思ってるのですが。

昔のブログ記事を読んで、久々にBOOWYを聞いています。


バンドと輝き

バンドって、奇跡なんだよね。同じ時代に同じ国に生きた人が、集まって(この集まるって行動の意味はもっともっと重く感じる。どんなきっかけがあろうとも「つどう」という行動からすべては始まると思うから)楽器を持って、演奏して、認められて、売れて、やがて解散していく。ブランキー・ジェット・シティを見ていても思うことだけど、バンドって一瞬の花火みたいなもので、その時に個々が求めていることがセロファンを重ねたような綺麗な色に仕上がった瞬間だけ、ものすごい輝きを持つんだと思う。だから、終わるのが必然。というか、求めることが変わっていくのは人として当然で、バンドとして最高に輝いたとメンバーが感じたなら、もう終わることへ向かうしか無い。
全く知らなくても、バンドの解散のニュースを目にするたびに、また奇跡がひとつ終わったな。と思う。全く他人であるひとたちが集って、奏でて、それが輝いていられる期間なんて、ほんとに僅かで、それは多分メンバーが一番良く知っていることなんだろう。終わっていくこの輝きを失いたくなくて、何をするかは、そのメンバー次第。

GLAYビートルズと奇跡

GLAYがすごいと思うのは、リーダーであるタクローさんが、輝ける時間を伸ばすために(終わらない夏休み、といつか言っていた)それこそ身を粉にしてバンドのため、メンバーのために動きまわること。ひとつのグループを保ち続けるっていうのは並大抵のことじゃなくて、愛してるからこそできる努力だと思う。ただのうのうと一緒にいるだけじゃ、腐っていく。いつまでも輝くために、自分にできることは何か。考えぬいて行動してるから、だからGLAYはいまでもGLAYとして輝いていられる。GLAYはもう奇跡じゃない。
タクローさんを見ていると、いつもポールが頭に浮かぶ。バンドが好きだったポール。ビートルズという名前じゃなくて、4人でバンド活動をするということが好きだったんだろうポール。最後まで頑張ったけど、最後は自らでバンドという奇跡を終わらせなければならなかったポール。もちろん他の三人だってこのグループが好きだっただろう。でも、ポールはきっと愛してた。4人で音楽ができる瞬間の連続を、奇跡と認識して、愛していて、続けたかった。
ビートルズでは「音楽面はポール派、表現面はジョン派、ビジュアルはジョージ派、友だちになるならリンゴ派」です。ポールの曲はシンプルで、故に美しくて、音楽の神様に愛されたひとというのはポールのことなんじゃないか、と思ってしまうほど。幾つもの楽器を使って、メロディを奏でて、それが天命だとすら思える。ジョンは純粋にアーティスト気質なんだと思う。表現方法を模索して、そのひとつに音楽を選んだ。ともに歩む表現者としてヨーコが傍にいた。ジョンの素晴らしさは音楽だけじゃ語れない。ポールの素晴らしさはポールの全音楽をもってしていくらでも語ろう。という感じ。ヤァヤァヤァの頃のジョージと付き合いたい。

奇跡の集合体

一番輝いた時に一瞬でそのまま散るから美しいんだろう、そう思うバンドだってある。例えば今ブランキーが、BOOWYが、ハイスタが、あのままずっと続いていたら、果たして今の個々の活動における各メンバーほど、輝いていたんだろうか?ブランキーはあまり詳しくないけど、BOOWYに関しては、特に氷室さんに関してはNOと言えると思う。そもそも全く違う方向を向いた天才たちが一堂に会して同じメロディを奏でていたこと自体が類稀なる奇跡であって、いつ終わってもおかしくない危なっかしさもその輝きのひとつだったんだから。ビートルズもそうだ。時折、天才たちが何かのきっかけで集って同じ音を紡ぐ。それが人を魅了しないわけがない。その奇跡を作れるのがバンド。だから、どんなバンドだって愛しいし、愛されていいと思うし、終わってしまったならその奇跡を振り返って慈しみたい。人と人が出会うことが奇跡なら、そのふたりが同じ音楽を奏でることは運命だったんじゃないかな。

2011年、震災が起きて絶望していたあの時、
氷室さんが告げた「全曲BOOWYライブ」と
ハイスタが告げた「AIR JAM開催」

それまで「死にたい」ばっかりだった私の記憶が「生きてればいいことある!」って確信に変わった時。
「生きて、好きでいて、続けていたら、報われる」

読み物にならない長文書くのが好きでごめんなさい。。。