今頃になってから気づいたけど

躁と鬱の間をふらふらしながら、音楽聴いたり読書したりアニメ見たり。

医師に誉められた話。

昨日は完璧に体調悪いひとになっていたので、精神科のあとにスーパー銭湯に行きました。寝湯で寝て、ミストサウナで寝たらだいぶからだが軽くなった。広いお風呂はいいなぁ。
家のお風呂では、リラックスどころか水に触れるのがストレスになって鬱モード加速するので。
うつ病の症状で、お風呂入れなくなるのあるよね。服を脱ぐのも怖いし、からだが水に触れるのも怖くてどうしようもないやつ。たまにあれになる。

精神科ではレクサプロ止めてもらうのと、「リーゼはあればあるだけ飲んでしまうから、処方は止めてくれ(効果実感できないし)」と伝えたら医師に真顔で感動されました。自分からそんなことが言えるようになるなんて、成長したなぁ。って。わたしとしてはどうせ飲むならもっとガツンと効くものじゃないと、無駄に内蔵痛めてるだけなので嫌なんですよね。辛いときにリーゼあると、いくら効かぬと知ってても飲んじゃうし。

初めて医師に真顔で「良くなってきてるよ、治ってきてる」と言われた。そうなのか。薬依存してた去年夏までに比べたら、ましなのかも。

おなじことを薬剤師さんにも言ったらまたすごく誉められた。患者の立場から客観的にそう言えるのはあまり多いことじゃないって。この薬剤師さんは子犬顔でとても真面目に対応してくれるのでお気に入りです。

たまには広いお風呂に行こうと思った話。

広告を非表示にする